2019/02/23 12:00

イーストウッド新作「運び屋」は“仮装する北野武”に共通!? 町山智浩が徹底解説

町山智浩が徹底解説
町山智浩が徹底解説

 [映画.com ニュース] クリント・イーストウッドが監督・主演を兼ねる最新作「運び屋」の公開記念トークイベントが2月22日、都内で行われ、米在住ジャーナリストで映画評論家の町山智浩氏が登壇した。

 実話を基にした本作でイーストウッドが演じるのは、毎月100キロ以上のドラッグを運んだとされる“伝説の運び屋”。仕事一筋で家庭をないがしろにし、事業の失敗で家財の一切を失ってしまった孤独な老人アール・ストーン(イーストウッド)は、車の運転さえすればいいという仕事を引き受けるが、その実は巨大麻薬組織の運び屋だった。

 イーストウッドにとっては「グラン・トリノ」以来の監督・主演作。「本人が言っているように、役柄は彼自身を投影しているし、半自伝的な作品」と口火を切った町山氏は「インタビューをした際に『今まで家庭をないがしろにし過ぎた』と言ってました。アールは半分イーストウッドとして見てもらっていい」と説明。MCを務めた映画批評家の相田冬二氏から“実話モノ”が続いている点について問われると、「イーストウッドは“ネタ探しの人”なんですよ」と切り返した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >