2019/02/25 10:14

【第91回アカデミー賞】助演女優賞はレジーナ・キング「ビール・ストリートの恋人たち」

レジーナ・キング Photo by Kevin Winter/Getty Images
レジーナ・キング Photo by Kevin Winter/Getty Images

 [映画.com ニュース]第91回アカデミー賞の授賞式が2月24日(現地時間)、米ハリウッドのドルビー・シアターで行われ、レジーナ・キングが「ビール・ストリートの恋人たち」で助演女優賞を戴冠した。

 「ムーンライト」のバリー・ジェンキンス監督最新作。米黒人文学を代表する作家ジェームズ・ボールドウィンの小説「ビール・ストリートに口あらば」を映画化した同作は、1970年代の米ニューヨーク・ハーレムに生きる若き男女の愛と信念を描いた重厚な人間ドラマ。強いきずなで結ばれた19歳のティッシュ(キキ・レイン)とファニー(ステファン・ジェームス)。幸せな日々を送っていたある日、ファニーが無実の罪で逮捕されてしまう。ティッシュと家族がファニーを助け出そうと奔走するが、さまざまな困難が待ち受けていた。キングは、ティッシュの母を演じた。

 初ノミネート、初受賞となったキングは「現代のもっとも素晴らしい作家であるジェームズ・ボールドウィンの代理としてここに立っています。本当に信じられません。ジェームズ・ボールドウィンがこの“子ども”を生み出し、バリー(・ジェンキンス監督)が育て、愛で包みました。なので、私がここに立っていることは、適切なことだと思います。愛と支えを受けるとこのような結果を生み出せるという手本になったからです。ママ、心から愛しています。私にいつも神に見守られていると教えてくれてありがとう」と溢れる思いを壇上で伝えた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >