2019/02/25 14:18

【第91回アカデミー賞総括】「ボヘミアン・ラプソディ」最多4冠 3作品が3冠の激戦

「グリーンブック」が作品賞を受賞 Photo by Kevin Winter/Getty Images
「グリーンブック」が作品賞を受賞 Photo by Kevin Winter/Getty Images

 [映画.com ニュース]第91回アカデミー賞授賞式が2月24日(現地時間)、米ハリウッドのドルビー・シアターで開催され、「グリーンブック」が作品賞を受賞し、幕を閉じた。最多4部門で栄冠を手にしたのは、日本でも大ヒットを記録している「ボヘミアン・ラプソディ」で、主演男優賞、編集賞、録音賞、音響編集賞を制した。

 「ボヘミアン・ラプソディ」に続いて3部門に輝いたのは、「グリーンブック」(作品賞、助演男優賞、脚本賞)、「ROMA ローマ」(監督賞、撮影賞、外国語映画賞)、「ブラックパンサー」(作曲賞、美術賞、衣装デザイン賞)の3作品。「ROMA ローマ」のアルフォンソ・キュアロン監督は3度にわたり登壇し、監督賞受賞で登壇した際はプレゼンターを務めた盟友ギレルモ・デル・トロと熱い抱擁を交わし、喜びのスピーチを展開した。

 ほか、場内から喝さいを浴びたのは、「ブラック・クランズマン」でチャーリー・ワクテル、デビッド・ラビノウィッツ、ケビン・ウィルモットと共に脚色賞に輝いたスパイク・リー。初めての戴冠に喜びを爆発させ、プレゼンターとして登壇していたサミュエル・L・ジャクソンに飛びつくなど、感無量の面持ちだった。また、「ああ、ストレスがたまるわ」とこぼしたのは、主演女優賞を獲得したオリビア・コールマン。涙ながらに共演した女優陣への感謝の気持ちを口にし、同賞を争った「アリー スター誕生」のレディー・ガガとは「ありがとう!」と投げキッスの応酬で場内を沸かせた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >