2019/02/26 15:30

「映画ドラえもん」“大人になった子どもたち”の郷愁誘うムーンビジュアル6種公開

テーマは「大人になったすべての子どもたちへ」 (C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・ シンエイ・ADK 2019
テーマは「大人になったすべての子どもたちへ」 (C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・ シンエイ・ADK 2019

 [映画.com ニュース] 「映画ドラえもん のび太の月面探査記」の新ビジュアルとして、物語の舞台である月が象徴的に描かれた「ムーンビジュアル」6種が公開された。

 「映画ドラえもん」シリーズの第39弾となる今作は、直木賞作家・辻村深月氏が脚本を執筆し、月が舞台の冒険ストーリーを紡ぐ。月のウサギの存在を主張するも、みんなから笑われてしまったのび太は、ひみつ道具を使って月の裏側にウサギ王国を作ることを思いつく。不思議な転校生ルカとともにウサギ王国を訪れたのび太らは、エスパルと呼ばれる子どもたちと交流を深めるが、エスパルとルカが謎の宇宙船に捕らえられる事件が発生する。

 ムーンビジュアル6種は、クリエイティブディレクターでコピーライターの尾形真理子氏、アートディレクターの藤田誠氏、イラストレーターの吉實恵氏が、辻村氏の脚本にインスパイアされ「大人になったすべての子どもたちへ」をテーマに制作。ドラえもん、のび太らが、強い覚悟を胸に“ある場所”へ向かう場面を描いており、アクリル絵の具の柔らかなタッチと、「道は違っても、同じ光を見上げている。」「万有引力があるんだね。離れてたって友だちには。」などのキャッチコピーがノスタルジックなムードを漂わせる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >