2019/02/26 20:05

高橋一生&川口春奈、過去の自分に伝えたいことは?

川口春奈に「几帳面」と評された高橋一生
川口春奈に「几帳面」と評された高橋一生

 [映画.com ニュース] “タイムパラドクス”に翻ろうされる男女の純愛を描く映画「九月の恋と出会うまで」の試写会が2月26日、東京のユナイテッド・シネマ豊洲で行われ、ダブル主演を務めた高橋一生と川口春奈が参加した。

 2016年の「書店員が選んだもう一度読みたい文庫」恋愛部門第1位に選ばれた、松尾由美氏の同名小説が原作。風変わりなマンションに引っ越した北村志織(川口)の隣には、不思議な雰囲気をまとった小説家志望の男・平野進(高橋)が住んでいた。ある夜、志織は部屋の壁から聞こえた「こちらは1年後の未来です。あなたに危険が迫っています!」という謎の声の警告によって、強盗殺人を逃れ命拾いする。相談を受けた平野は、運命を修正した志織にタイムパラドクスが生じ、彼女の存在が消えてしまうことに気付く。

 「号泣試写会」と銘打ったこの日のイベント冒頭では、劇中写真を振り返りながら「最も切ないシーン」について話題が及んだ。高橋と川口は偶然にも同じシーンを選び、「平野の性格が出ている、相手のことを思うばかりに……というシーンです」(高橋)、「切ない嘘です。このシーンの撮影の時は(演じている)自分も切なくて。お互いを思い合っているからこその嘘になっています」(川口)とアピール。高橋が「台本を読んでいても、(胸が)ぎゅっとしましたね」と語ると、川口も賛同するように大きくうなずいていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >