2019/02/27 12:00

自閉症の妹に売春させる…論争必至の衝撃作「岬の兄妹」に込められたポン・ジュノ&山下敦弘の英知

妹・真理子役の和田光沙 (C)SHINZO KATAYAMA
妹・真理子役の和田光沙 (C)SHINZO KATAYAMA

 [映画.com ニュース] がら空きのボディに、拳を叩きこまれたかのようだ。貧困、障がい、性、犯罪、暴力を封じ込めた「岬の兄妹」は、上映が終わった後も、その鈍い“痛み”を引きずったまま、日常を過ごさなければならなくなる。ポン・ジュノ監督、山下敦弘監督が率いる現場で研鑽を積み、論争を巻き起こすのに相応しい初長編作を放ったのは、片山慎三監督。ポン監督に「君はなんてイカれた映画監督だ!」と言わしめた日本映画界のホープが、「岬の兄妹」完成までの道のりを明かした。

 SKIPシティ国際Dシネマ映画祭の国内コンペティション長編部門の優秀作品賞と観客賞に輝いた「岬の兄妹」。足に障がいを持つ兄・良夫(松浦祐也)が貧困から脱するため、自閉症の妹・真理子(和田光沙)の売春で生計を立てようとするというセンセーショナルな物語に、映画業界が大いにざわついている。香川照之は「処女作としては百点満点を付与する」、池松壮亮は「人間を好き過ぎる人間が到達する境地なのか、一作目にして凄まじい」と手放しで絶賛し、国立映画アーカイブの上映企画「Rising Filmmakers Project 次世代を拓く日本映画の才能を探して」の場では、白石和彌監督の口から「ほぼノーミス映画」というワードが飛び出した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >