2019/02/27 15:30

「アリータ」クリストフ・ワルツが語る“プロの仕事”と役者論「芝居は誰でもできる」

取材に応じたクリストフ・ワルツ
取材に応じたクリストフ・ワルツ

 [映画.com ニュース] 木城ゆきと氏原作のSFアクション漫画「銃夢(がんむ)」を実写映画化した「アリータ バトル・エンジェル」(公開中)に出演している、クリストフ・ワルツ。「イングロリアス・バスターズ」「ジャンゴ 繋がれざる者」でアカデミー賞助演男優賞に2度輝いたワルツに、本作の撮影や作品選びに重視するポイントなどを聞いた。

 本作は、“支配する者”と“支配される者”の2つに分断された世界を舞台に、スクラップの山から発見されたサイボーグの少女アリータが、300年前に失われたはずの“最強兵器”として目覚め、彼女を破壊しようとする巨大な黒幕と対決する。「アバター」のジェームズ・キャメロンが製作&脚本、「シン・シティ」のロバート・ロドリゲスが監督を務めた。

 ワルツが演じたのは、主人公アリータをがれきの山から見つけ、サイボーグの身体を与える医師イド。アリータの父親代わりとなる役どころだ。

 アリータを演じたローサ・サラザールの名前を出すと、「配役は意図的だったと思う」と優しい笑みを見せたワルツ。劇中さながらサラザールの支えになることもあったようで、「僕はローサ(・サラザール)より年上でいろんなことを経験してきたから、役柄と近い部分があるんだ。撮影で大変な状況になったとき、映画と同じように助けることができたので、キャスティングがうまくはまったと思う」と話す。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

コミュニケーション運好調。オモシロそうな人を見つけたら、明...もっと見る >