2019/03/01 12:00

“平成最後” 第42回日本アカデミー賞、司会を務める西田敏行&蒼井優が意気込み

司会を務める西田敏行&蒼井優
司会を務める西田敏行&蒼井優

 [映画.com ニュース] 第42回日本アカデミー賞の授賞式開催を前に、6年連続で総合司会を務める俳優の西田敏行、昨年「彼女がその名を知らない鳥たち」で第41回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞に輝き、今回“人生初司会”に臨む蒼井優が取材に応じ、意気込みを語った。

 今回、優秀作品賞に輝いたのは「カメラを止めるな!」「北の桜守」「孤狼の血」「空飛ぶタイヤ」「万引き家族」の5本。例年以上にバラエティ豊かな結果に、西田は「どれも2018年、話題になった作品ばかり。グローバル化が進むなかで、日本映画のピュアな志を感じさせるラインナップで、僕自身、どの作品が(最優秀作品賞を)受賞してもおかしくないなと思いますね」と一映画ファンとして、興味津々の様子。

 「もちろん、会場で受賞結果を待つ皆さんは、プレッシャーもあると思いますけど、ここはひとつ、お祭りで神輿を担ぐような感覚でいらしてほしいですね。アメリカのアカデミー賞とは一味違う、もっとざっくばらんな雰囲気でもいいんじゃないかな。そのために、司会をする私たちも、質問の聞き方は工夫をしないといけないでしょうね。理想は、居酒屋くらいリラックスしてもらうこと。そうすれば、思わぬ本音も飛び出すでしょうし」(西田)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >