2019/03/01 16:00

倍賞美津子が爆走!「ぼくいこ」原作者も戸惑いの映画オリジナルシーン

倍賞美津子が激走シーンに挑んだ (C)宮川サトシ/新潮社(C)2019「母を亡くした時、 僕は遺骨を食べたいと思った。」製作委員会
倍賞美津子が激走シーンに挑んだ (C)宮川サトシ/新潮社(C)2019「母を亡くした時、 僕は遺骨を食べたいと思った。」製作委員会

 [映画.com ニュース] 宮川サトシ氏の人気エッセイを映画化した「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」(公開中)の本編映像を、映画.comが入手した。主人公の母親を演じた倍賞美津子が、息子のために全力で走るシーンを収めている。

 本作は、がんを患った母との最期の日々から葬儀、そしてその後の生活を、息子サトシ(安田顕)の目線で描いている。

 公開されたのは、サトシの幼少期のエピソードを切り取ったシーン。お菓子ほしさにスーパーで万引きをしてしまった、5歳のサトシ(加賀谷光輝)。店長(水澤紳吾)に名前を聞かれてもなかなかしゃべらないサトシだったが、「警察に行くと牢屋に入るか、もしかしたら死刑や!」と迫られると、食い気味で名前を名乗る。カットが変わると、岐阜の田園風景バックに激走する母・明子(倍賞)の姿が。スーパーに駆け込んだ母の顔を見たサトシは「怖かったよ」と母に甘えるのだった。

 撮影当日は8月末で、最高気温はおよそ30度。撮影2日目にして激走した倍賞は「暑かったです。涙も汗もぐわーって出てきて。走って走って……もう、すごい暑かったです」と過酷さを振り返る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

エネルギッシュに行動するけど、無理をしすぎる傾向も。何事も...もっと見る >