2019/03/01 21:22

【第42回日本アカデミー賞】松坂桃李「孤狼の血」で最優秀助演男優賞!「財産のような作品になった」

新人刑事を演じた松坂桃李
新人刑事を演じた松坂桃李

 [映画.com ニュース]第42回日本アカデミー賞の授賞式が3月1日、東京・グランドプリンスホテル新高輪国際館パミールで行われ、最優秀助演男優賞は「孤狼の血」の松坂桃李が受賞した。自身初の同部門での受賞となった。

 第69回日本推理作家協会賞を受賞した柚月裕子氏の小説を、白石和彌監督のメガホンで映画化。第36回で新人俳優賞を獲得している松坂は、今作ではやくざとの癒着が噂される刑事・大上章吾(役所広司)とバディを組んだ捜査二課の新人・日岡秀一を熱演。自分の固定観念を崩され、もがき、苦しみながら成長する様を徹底的に表現し、第61回ブルーリボン賞、第92回キネマ旬報ベスト・テンなどで受賞を重ねてきた。

 総合司会の西田敏行は「あなたはどんどん役の幅が広がっていますね。どこまでいっちゃうの? 色んな“色”を持ち始めましたね」と絶賛された松坂。「彼女がその名を知らない鳥たち」に続き、2度目のタッグを組んだ白石監督について問われると「現場で白石さんが喜ぶと元気が出る。だからこそ、もうちょっとやってみてもいいかなと思えるんです」と告白。すると「彼女がその名を知らない鳥たち」で共演した蒼井優は「真面目なシーンでも監督の笑い声が聞こえるんですよね」と補足した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >