2019/03/01 22:47

【第42回日本アカデミー賞】最優秀アニメ賞は「未来のミライ」 細田守監督5度目の栄冠

プロデューサーの齋藤優一郎氏、声優を務めた上白石萌歌、黒木華らが登壇
プロデューサーの齋藤優一郎氏、声優を務めた上白石萌歌、黒木華らが登壇

 [映画.com ニュース]第42回日本アカデミー賞の授賞式が3月1日、東京・グランドプリンスホテル新高輪国際館パミールで行われ、細田守監督作「未来のミライ」が最優秀アニメーション作品賞に輝いた。細田監督にとって、同賞は5度目の受賞となる。

 甘えん坊の4歳男児くんちゃんと、未来からやってきた妹ミライの2人が繰り広げる不思議な冒険を通じ、さまざまな家族の愛のかたちを描く。世界的な評価も高く、アニメ界のアカデミー賞と称される第46回アニー賞では、日本人監督として初めて長編インディペンデント作品賞を獲得。第76回ゴールデングローブ賞と、第91回アカデミー賞でもノミネートを果たしていた。

 細田監督はフリーランス第1作「時をかける少女(2006)」から、「サマーウォーズ」「おおかみこどもの雨と雪」「バケモノの子」とすべての作品が最優秀アニメーション作品賞を受賞。同監督は欠席となったが、プロデューサーの齋藤優一郎氏をはじめ、くんちゃん役の上白石萌歌、ミライちゃん役の黒木華、じいじ役の役所広司が登壇した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >