2019/03/02 12:00

林真理子、ゴヤ賞受賞作「マイ・ブックショップ」を激賞「本への愛おしさがこんなに込められた映画はない」

実家が書店だったという林氏
実家が書店だったという林氏

 [映画.com ニュース]イギリスの文学賞ブッカー賞を受賞したペネロピ・フィッツジェラルドの小説を、「死ぬまでにしたい10のこと」「しあわせへのまわり道」のイザベル・コイシェ監督が映画化した「マイ・ブックショップ」のトークイベントが3月1日に東京・シネスイッチ銀座で行われ、実家が書店という作家の林真理子氏が登壇した。

 1959年、イギリスの海岸地方の町。戦争で夫を亡くした女性フローレンスが、亡き夫との夢だった書店を開業するさまを描く。フローレンス役を「メリー・ポピンズ リターンズ」のエミリー・モーティマーが演じるほか、「しあわせへのまわり道」のパトリシア・クラークソン、「ラブ・アクチュアリー」や「名探偵ピカチュウ」(5月公開)のビル・ナイらが出演している。スペインのアカデミー賞であるゴヤ賞で、作品賞・監督賞・脚色賞(2018年)に輝いた。

 林氏は、「本当にいい映画。本への愛おしさがこんなに込められた映画ってない」と激賞。「(劇中の)『人は物語の世界に住むことができる』というセリフは、素晴らしい名言。(物語の舞台となる50年代は)本にまだ親交を持っていた非常にいい時代でした」と作中に込められた“本への愛”に感化されたようで、現代の“本離れ”に対し「この映画がきっかけになってくれるといいな」と思いをはせる。自身の本への思いについても言及し、「人って孤独を嫌がるものだけれど、本を読んでいるときは孤独じゃない。本を読んでいるときの“孤独”は、人間に与えられた最上の時間だと私は思います」と熱を込めて語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >