2019/03/02 12:00

【パリ発コラム】「シティーハンター」実写版がフランスで公開 2週間で動員100万人超

仏版シティハンター「ニッキー・ラルソン」 ビジュアル
仏版シティハンター「ニッキー・ラルソン」 ビジュアル

 [映画.com ニュース] 北条司氏の人気漫画「シティーハンター」をフランスで実写化した新作「ニッキー・ラルソン」が、漫画、アニメファンに大きな話題を呼んでいる。一般的に日本の漫画はフランスで幅広いファンを獲得しているが、「シティーハンター」は日本のアニメ版が1990年代に放送されており、当時から熱狂的なファンが多かったとか。今回、監督・主演を務めた80年生まれの人気コメディアン、フィリップ・ラショー(「世界の果てまでヒャッハー!」)もそのひとり。ラショーは、プロットと企画書、手紙を北条氏の事務所に送付、そのプロットを北条氏が気に入り、その後、出来上がった脚本を携えてラショーが来日し、映画化の許諾を得たそうだ。

 映画は2月6日に公開され、2週間で既に観客動員100万人を突破している。人気の理由は、下ネタも含め原作にできるだけ忠実であること、コメディとアクションの融合といった要素にあるようだ。また「ギャグの連発がとんでもなくおかしい」「コメディセンスのあるラショーがいい」「かつてのジャッキー・チェン版より原作の味が出ている」という声が聞かれた。ラショー自身も、「まずは原作に極力忠実であること。その上で、ニッキー・ラルソンの世界観と自分のユーモアを融合させた、アクションコメディを作ることを心がけた。それにいま映画化するにあたり、たとえば『キングスマン』のような現代的なアクションコメディを参考にした」と語っている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忙しく走りまわるわりには、実りが少ないかも。余計なことには...もっと見る >