2019/03/03 10:00

家族崩壊エッセイ「酔うと化け物になる父がつらい」松本穂香&渋川清彦で映画化

原作者の菊池真理子氏によるイラストとコメント
原作者の菊池真理子氏によるイラストとコメント

 [映画.com ニュース]秋田書店のWebサイト「チャンピオンクロス」で連載された、菊池真理子氏のコミックエッセイ「酔うと化け物になる父がつらい」が、松本穂香、渋川清彦のダブル主演で実写映画化されることがわかった。映画、ドラマ「ルームロンダリング」を手掛けた片桐健滋が監督する。

 原作は、アルコールに溺れる父を持つ作者の実体験による家族崩壊エッセイ。父は毎日アルコールに溺れ、母は新興宗教信者。そんな両親のもとに生まれた主人公が、崩壊していく家族の中で、がむしゃらに未来を見つけていく。毎晩酔っぱらって帰ってくる父の姿をユーモラスに描きながらも、家族が迎える衝撃の展開と感動のラストが話題になった。

 主人公・田所サキを演じる若手女優の松本は「家族ってなんだろう。血の繋がりってなんだろう。そんな事を考えながら、酔うと化け物になる父を抱える娘、サキを演じました。そこに答えはないのかもしれない、愛はないかもしれない、けれど未来はある。この映画は、そんな事を感じさせてくれる映画だと思います」とコメント。

 サキの父・田所トシフミに扮した渋川は「毎日が濃くていい現場だったのですが、なんか整理がつかずなんだか言葉にできない感じがある。でも片桐監督にしか出来ない、ポップで切なくユーモアがあり光のあるコ洒落タ作品にはなるだろう。どんな風に仕上げるか楽しみです」(原文ママ)と撮影を振り返っている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >