2019/03/03 21:00

P・ファレリー監督、アカデミー賞戴冠直後の初来日に日本語で「ありがとう」連呼

ピーター・ファレリー監督と松下奈緒
ピーター・ファレリー監督と松下奈緒

 [映画.com ニュース] 第91回アカデミー賞で作品賞など3部門で受賞した「グリーンブック」のピーター・ファレリー監督が3月3日、初来日し、公開中のTOHOシネマズ日比谷で舞台挨拶を行った。

 満場のファンの拍手と歓声に迎えられたファレリー監督は、「ありがとう」と日本語で連呼。その数は計10回に上り、「今まではコメディ映画ばかりで賞に絡むことがなかった。自分にとってサプライズの連続で、この作品がどこまでいくのか想像もつかない。言葉で表現できないくらいうれしい」と喜んだ。

 来日経験のある弟のボビー・ファレリー監督からは、「食べ物がめちゃくちゃおいしいから、食べ尽くしてこいと言われた。日本のウィスキーも薦められた」そうで、楽しみな様子。「とにかく大好きな国。魅力的で安全で、美しく洗練されている国だから興奮している」と親日家ぶりをアピールした。

 1960年代、イタリア系用心棒と黒人ピアニストの友情を描く、実話を基にした物語。女優でピアニストの松下奈緒が祝福に駆け付け、花束と自身も愛用している京都の老舗「市原平兵衛商店」の箸(はし)のセットをプレゼントした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >