2019/03/04 15:00

「ブラック・クランズマン」字幕監修が解説!スパイク・リー監督が込めた“裏テーマ”とは?

 [映画.com ニュース] 第91回アカデミー賞で脚色賞を受賞した「ブラック・クランズマン」のイベントが3月1日、都内で行われ、字幕監修を手がけたファンクバンド「オーサカ=モノレール」の中田亮が登壇した。

 本作は、1979年に黒人刑事が過激な白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)に潜入捜査した実話をつづったノンフィクション小説を、「マルコムX」「ドゥ・ザ・ライト・シング」のスパイク・リー監督が映画化。ジョン・デビッド・ワシントンが黒人刑事ロン・ストールワース、アダム・ドライバーが白人刑事フリップ・ジマーマンを演じている。

 中田は「映画の中で『WAKE UP!』ってずっと言われている、主人公ロンはまだ目覚めてないボンクラヒーローなんですよね。遅刻してまた遅刻して。『WAKE UP(目を覚ませ)』というのは、スパイク・リーが30年以上言い続けている重要な言葉です。『ドゥ・ザ・ライト・シング』でも最初に言っているんですね。『スクール・デイズ』でも最後に『WAKE UP!』、『ジャングル・フィーバー』でも朝起きるところから始まります。そんなシーンのなかにスパイク・リー監督は『黒人として目を覚ませ』というメッセージを込めてきており、今回の映画のテーマでもあります」と解説する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱいで過ごせるラッキーデー。積極的にいこう。今日始...もっと見る >