2019/03/05 11:00

アカデミー賞作品賞「グリーンブック」監督、差別表現を逃げずに描いた“信念”

劇中に登場した守り石(のスタントダブル)
劇中に登場した守り石(のスタントダブル)

 [映画.com ニュース] 「最も予想が難しい」と称されるほど大混戦だった第91回アカデミー賞を制したのは、実話を基に“互いの違いを尊重する”という思いで描かれた「グリーンブック」だった。作品賞、助演男優賞、脚本賞を受賞し、日本でも3月1日から全国180館で封切られている。来日中のピーター・ファレリー監督が映画.comのインタビューに応じ、オスカー獲得の喜びと、差別的表現をあえて削らなかった理由、そして多様性に開かれつつある社会への見解を語った。

 製作・脚本を手がけたニック・バレロンガの父が経験した実話が基になっており、人種差別が色濃く残る1960年代のアメリカ南部が舞台。粗野で無教養な用心棒トニー・リップと、インテリな黒人天才ピアニスト、ドクター・シャーリーが、前途多難なコンサートツアーを通じ深い友情で結ばれていくさまを描く。ビゴ・モーテンセンの人間味あふれる言動はいつまでも見ていられるほど魅力たっぷりで、マハーシャラ・アリは迷路のように複雑な黒人ピアニストの内面を緩急自在に表現してみせた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

コミュニケーション運好調。オモシロそうな人を見つけたら、明...もっと見る >