2019/03/05 12:00

オスカー3冠「グリーンブック」監督、伊藤健太郎に質問攻め「あっという間にスターに?」

ピーター・ファレリー監督&伊藤健太郎
ピーター・ファレリー監督&伊藤健太郎

 [映画.com ニュース] 第91回アカデミー賞で作品賞など3部門で受賞した「グリーンブック」(公開中)の会見が3月5日、都内のホテルで行われ、初来日中のピーター・ファレリー監督が出席。「日本に来て、主に食べまくっています。昨日の夜、鉄板焼きの『青山牛彩』で、人生最高の食事をいただきました」と、上機嫌でトークを繰り広げた。

 人種差別が色濃く残る1960年代のアメリカ南部が舞台。粗野で無教養な用心棒トニー・リップ(ビゴ・モーテンセン)と、インテリな黒人天才ピアニスト、ドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)が、前途多難なコンサートツアーを通じ深い友情で結ばれていくさまを描く。3月1日から全国で封切られ、4日間で観客動員約28万人、興行収入は約3.4億円を記録。20億円超も視野の大ヒットスタートを切っている。

 これまで「メリーに首ったけ」など、数多くの傑作コメディを手がけてきたファレリー監督。オスカー獲得の実感はまだない様子だが、「脚本を執筆したひとりであるブライアン・カリーは、母親が認知症で、7年間介護をし、見送ってから業界に復帰した。そしてすぐにこのストーリーと出合い、私と通りで偶然再会したんだ。7年間尽くした彼の徳が、この美しい作品を突き動かした。私はそのおすそ分けをもらったんだと思う」と目を細める。さらに「コメディも大好きだし、これからも作っていくつもり。今回は『今までと違う作品を』と思ったわけではなく、たまたま出合った物語に惚れ込み、心に従って監督したまで。これからも心に従って作品を手がけていきたい」と信念を述べていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

静かな情熱を持って、取り組める日。好きなアーティストのライ...もっと見る >