2019/03/05 14:00

【全米映画ランキング】「ヒックとドラゴン」最終章がV2 N・ジョーダン監督最新作は8位デビュー

「アリータ バトル・エンジェル」は3位 (C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
「アリータ バトル・エンジェル」は3位 (C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

 [映画.com ニュース]3月に入った全米ボックスオフィス。先週末は2本の新作がランクインしたが、前週から引き続き「ヒックとドラゴン」シリーズの最終章「ハウ・トゥ・トレイン・ユア・ドラゴン ザ・ヒドゥン・ワールド(原題)」が首位を守り、V2を果たした。

 同作の10日間の累計は1億ドル目前の約9770万ドルに。先週末は中国でも公開され約3300万ドルの大ヒットを記録し、全世界興収は約3億7500万ドルとなっている。

 約2700万ドルの興収で2位デビューとなったのは、タイラー・ペリーの代表作「マデアおばさん」シリーズの最新作「Tyler Perry's A Madea Family Funeral」。スピンオフなど含めシリーズ11本目の作品で、ペリー自身が「最終作になる」と語っている今作。ジョージア州の田舎での家族の葬儀に集まったマデアらが珍騒動を繰り広げる。ペリーは、製作・脚本・監督に加え、マデアおばさん含む1人4役で出演。ゲスト出演でマイク・タイソンら。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力があるので、ターゲットを一つに絞って取り組もう。遊び...もっと見る >