2019/03/05 20:05

北村匠海、待ち合わせ前に“ひとり観覧車”「結局、遅刻した」

ひとり観覧車を体験した北村匠海と 永野芽郁、斉藤慎二
ひとり観覧車を体験した北村匠海と 永野芽郁、斉藤慎二

 [映画.com ニュース] 第23回電撃小説大賞(KADOKAWA)で大賞に輝いた佐野徹夜氏のデビュー作を実写映画化した「君は月夜に光り輝く」の公開直前イベントが3月5日、東京・スペースFS汐留で行われ、ダブル主演を飾った永野芽郁と北村匠海、共演の斉藤慎二(ジャングルポケット)が出席した。

 死期が近づくにつれて肌が光るという原因不明の“発光病”を患うまみず(永野)と、彼女の願いを代わりに実行し、その感想を伝える「代行体験」を行うことになった高校生・卓也(北村)の姿を描く。思い出に残っている「代行体験」を問われた北村が「恥ずかしかったのは“ひとり遊園地”。実際に行けと言われれば、僕は行かないと思う」と回答。すると、永野が「この前取材で仰ってたことは?」とたずねたことから、北村の“ひとり観覧車”体験が明らかになった。

 Zepp Tokyoで行われた「UNISON SQUARE GARDEN」のライブに参加した北村。「会場の横に大きな観覧車があるじゃないですか? 集合時間まで20分あったので『よし、ひとりで乗ろう!』と思って。街を歩くよりもゆっくりできるかなと」と語りつつ、「いざ並んでみたら記念写真を撮らなくてはいけなくて……。乗ってみたら一回転30分かかるみたいで、結局10分遅刻しました。頂上に行った時、隣のかごに乗っていた家族連れのお客さんには、(自分の存在が)きっとバレていた。『ひとりで乗ってるの、北村じゃね?』と(笑)」と天然ぶりを発揮し、場内の笑いを誘っていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仕事で結果が出やすい日。今の作業に一区切りつけて、これから...もっと見る >