2019/03/08 11:00

「マレフィセント」続編、7カ月前倒しで今秋公開へ

今年10月18日に全米公開 写真:Everett Collection/アフロ
今年10月18日に全米公開 写真:Everett Collection/アフロ

 [映画.com ニュース] 米ウォルト・ディズニーが、大ヒット映画「マレフィセント」の続編タイトルを「Maleficent: Mistress of Evil(原題)」と発表した。また、公開日も2020年5月29日の予定を7カ月繰り上げ、今年10月18日に全米公開することを明らかにした。

 例年、ハロウィン前の映画興行はそれほど活発ではなかったが、昨年10月に全米公開されたブラムハウス製作の人気ホラーシリーズ最新作「ハロウィン」(ジェイミー・リー・カーティス主演)は大ヒットを記録している。

 14年に公開されたロバート・ストロンバーグ監督「マレフィセント」は、ディズニー・アニメの名作「眠れる森の美女」を邪悪な妖精マレフィセント(アンジェリーナ・ジョリー)の視点から描いたダークファンタジー。アニメでは語られることがなかったマレフィセントとオーロラ姫(エル・ファニング)をめぐる隠された物語に迫る実写3D映画で、全世界累計興行収入7億5800万ドルを記録した。

 続編は、ジョリー、ファニング、サム・ライリー、ジュノー・テンプル、イメルダ・スタウントン、レスリー・マンビルがカムバックしているほか、新たにミシェル・ファイファー、キウェテル・イジョフォー、エド・スクレイン、ハリス・ディキンソンが出演。「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」の共同監督ヨアヒム・ローニングがメガホンをとっている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

静かな情熱を持って、取り組める日。好きなアーティストのライ...もっと見る >