2019/03/08 15:00

再開発に揺れる釜ヶ崎を16ミリで活写 「月夜釜合戦」東京、横浜で2週間限定公開

佐藤零郎監督
佐藤零郎監督

 [映画.com ニュース]戦後の高度経済成長期から、日本最大の日雇い労働者の街として知られる釜ヶ崎(大阪市西成区「あいりん地区」)を舞台に、古典落語「釜泥」をベースにした人情喜劇「月夜釜合戦」が東京、横浜でこのほど公開される。昨年ポルトガルで開催されたポルト・ポスト・ドック国際映画祭では、日本映画初のグランプリを受賞した。スマートフォンでも映画が撮影できる時代に、敢えて16ミリフィルムカメラを持ち込み、釜ヶ崎の街並みと物語を生きる俳優陣、そこに住む人々を活写した佐藤零郎監督に話を聞いた。

 佐藤真監督に師事しドキュメンタリーを学び、大阪長居公園での野宿生活者への強制立退きを芝居で阻止する人々を映した「長居青春酔夢歌」が、2009年の山形国際ドキュメンタリー映画祭千波万波にノミネートされた。

 「2006年の秋に長居公園のテント村の空きテントで生活して、2カ月半くらい前作『長居青春酔夢歌』を撮っていました。その公園に住むのは、生活保護を受けるのではなく、アルミ缶拾いもしてるし、日雇いも行くし、自活している人達。代替え地を用意しろ!と訴えたのですが、行政に聞き入れてもらえず、反対の抗議をしても追い出されるのはわかっていて、やるせなさを感じていました。そんなときに、立退きの日に芝居をしようと考えたんです。公園で暮らす人と、支援する人が一緒に排除に来た市職員やガードマン、警察が来たら、テントの小屋のブルーシートの中から突然芝居の為の舞台が現れて、それがとても面白くて。現実の中にフィクションをねじ込んで、現実に対して対抗する。こういうやり方もできるのだと実感しました」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忙しく走りまわるわりには、実りが少ないかも。余計なことには...もっと見る >