2019/03/08 16:00

オスカー女優はこうして「キャプテン・マーベル」になった!B・ラーソンが役作りを徹底解説

過去の記憶を失ったヒーロー、 キャプテン・マーベル (C)Marvel Studios 2019
過去の記憶を失ったヒーロー、 キャプテン・マーベル (C)Marvel Studios 2019

 [映画.com ニュース] マーベル・スタジオ初の女性ヒーロー単独主演作「キャプテン・マーベル」でタイトルロールを演じたブリー・ラーソンが、本作のために行ったトレーニングや撮影を振り返り、再確認したという自身の“強さ”について語った。

 本作の舞台は、アベンジャーズが結成される以前の1995年。ひん死の重傷を負ってすべての記憶を失った代償に“規格外の強大な力”を得たキャプテン・マーベル(ラーソン)は、クリー帝国の兵士として活躍していた。あるとき、ミッション中の事故により地球に不時着し、やがてアベンジャーズを結成することとなる若き日のニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)と共に、自身の記憶に隠された真実に立ち向かっていく。

 第88回アカデミー賞主演女優賞を受賞した「ルーム」や「キングコング 髑髏島の巨神」など、これまで出演作で徹底的に役作りを行ってきたラーソン。キャプテン・マーベルを演じたことで「私は自分が思っているよりももっと強い、ということに気づいたわ。この映画を作っている間に『あなたは強い』と何度も言われたけど、私はいつも困惑していたの。なぜなら、私は自分がとても強いことを知っていたから。でも、映画の最後まで行き着いた時になって初めて、私は『ああ。私は自分が思っていたよりもっとずっと強いんだ』と気づいたの」と変化を告白する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >