2019/03/08 17:00

ルーカス・ヘッジズ「父の映画には絶対出ない」決意覆したのは、オスカー女優の言葉

ルーカス・ヘッジズの父ピーター・ ヘッジズが監督・製作・脚本を務めた (C)2018- BBP WEST BIB, LLC
ルーカス・ヘッジズの父ピーター・ ヘッジズが監督・製作・脚本を務めた (C)2018- BBP WEST BIB, LLC

 [映画.com ニュース] オスカー女優のジュリア・ロバーツが、若手実力派ルーカス・ヘッジズと親子役で共演した映画「ベン・イズ・バック」の場面写真を映画.comが入手した。

 クリスマスイブの朝、薬物依存症の治療施設を抜け出した19歳のベン(ヘッジズ)は、突然実家に戻り家族を驚かせる。再会の喜びもつかの間、一家が教会から戻ると、家の中が荒らされ、愛犬が消えていた。昔の仲間の仕業だと確信したベンは愛犬を取り戻しに向かい、後を追った母ホリー(ロバーツ)は息子の人生を食い荒らす恐ろしい事実を知る。

 イタリアで行われた第13回ローマ国際映画祭で審査員特別賞を受賞した本作。監督・製作・脚本は、ルーカスの父であり、「ギルバート・グレイプ」の原作・脚本で知られるピーター・ヘッジズが担当した。

 場面写真は、ドラッグ依存症の療養施設から抜け出したベンが、母ホリー(ロバーツ)と再会のハグを交わすシーンを切り取ったカットのほか、「名探偵ピカチュウ」(5月公開)にも出演しているキャスリン・ニュートン演じる妹のアイヴィーなど、家族の姿をとらえている。何かを気にするような面持ちで誰かと電話をするベンや、継父のニール(コートニー・B・バンス)とアイヴィーが真剣な表情で家族の行く末を案じるようなシーンも披露された。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忙しく走りまわるわりには、実りが少ないかも。余計なことには...もっと見る >