2019/03/08 23:00

松坂桃李の汗はミネラルウォーター!? 「娼年」で共演した猪塚健太が証言

ボーイズクラブの「娼夫」を演じた猪塚健太
ボーイズクラブの「娼夫」を演じた猪塚健太

 [映画.com ニュース] 松坂桃李が主演した「娼年」が3月8日、愛知県で開催中の「ええじゃないか とよはし映画祭2019」でミッドナイト上映された。メガホンをとった三浦大輔監督、出演した冨手麻妙と猪塚健太が、開発ビルでのトークイベントに参加した。

 第126回直木賞候補となった石田衣良氏の同名小説を映画化。2016年に演出・三浦監督、主演・松坂で舞台化され大きな話題を呼び、映画版でも再タッグを組んだ2人が、“性描写”の限界に挑戦している。無気力な毎日を送る大学生・領は、秘密の会員制ボーイズクラブのオーナーを務める御堂静香に勧誘される。恋愛や女性に興味がない領だったが、娼夫として仕事を通し、やがて女性の中に隠された欲望の奥深さに心惹かれ、やりがいを見出していく。

 同映画祭には1回目から参加しており、昨年ミッドナイト上映された「アンチポルノ」(園子温監督)にも出演していた冨手。「私、ミッドナイトの作品ばっかり出てる」とこぼすと、猪塚が「“ミッドナイト女優”ですね!」と盛り上げる。冨手は舞台版のオーディションには落ちてしまったことを明かし、「三浦さんの作品には絶対出たかったので、映画版のオーディションも受けたら呼んでもらえました。三浦さんとは1シーンだけ出演した『何者』で演出してもらって、次はもっとがっつり演出してもらいたかったので」と、悲願の出演だったことを語る。三浦監督は「舞台と映画では、役者さんのどの部分を見るか違ってくる。でも、映画の時のオーディションで冨手さんがすごく成長していた」と成長ぶりを称えた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >