2019/03/09 10:30

映画祭発信作品の重要性をアピール! 本広克行監督命名「シネマサーキット」の野望とは?

映画祭への愛にあふれたトークイベント
映画祭への愛にあふれたトークイベント

 [映画.com ニュース] 全国各地の映画祭から生まれた映画の特集上映が3月8日、愛知県で開催中の「ええじゃないか とよはし映画祭2019」で行われた。「とよはし映画祭」の森谷雄プロデューサーをはじめ、「高崎映画祭」の「高崎物語 夏」から志尾睦子プロデューサーと片元亮監督、「なすしおばら映画祭(仮称)」の「HARMONY」から川岡大次郎プロデューサーと日向朝子監督、“映画×音楽”がコンセプトの祭典「MOOSIC LAB」の「いつか輝いていた彼女は」から主宰の直井卓俊氏と前田聖来監督が、開発ビルでのトークイベントに登壇した。

 33回という長い歴史を持つ高崎映画祭を手掛ける志尾プロデューサーは「15年くらい前に、映画祭が資金を出して映画監督に作品を作ってもらったけど、(様々な事情で)そこから続かなかった」と明かした上で、映画祭発信で映画を作ることの重要性を語る。「映画祭が作る映画を、全国の映画祭に回していければいいですよね」と提案すると、森谷プロデューサーは「いろんな機会に上映できたら、東宝(で配給される映画)の全国公開規模くらいになりますよね」と明るい表情を浮かべた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >