2019/03/09 13:00

平田満主演「家族マニュアル」を手掛けた内田英治監督、“映画の街”豊橋に「感動しました」

マニュアル通りに生きる男と 家族を描く「家族マニュアル」
マニュアル通りに生きる男と 家族を描く「家族マニュアル」

 [映画.com ニュース] 内田英治監督(「下衆の愛」「獣道」)がメガホンをとり、愛知・豊橋市でのオールロケを敢行した短編映画「家族マニュアル」が3月9日、同市で開催中の「ええじゃないか とよはし映画祭2019」で上映された。内田監督をはじめ、主演を務めた豊橋出身の俳優・平田満、出演した「劇団スパイスガーデン」の小西貴大、山中雄輔、山本篤士、松尾英太郎、飯田隆裕、山田佳奈、本映画祭プロデューサーの森谷雄氏が、開発ビルでのトークイベントに参加した。

 とよはし映画祭でワールドプレミア上映となった本作。クラウドファンディングで出資を募り、海外の映画祭などへの出品も目指している。マニュアル通りに生きることを課してきた山田二郎(平田)は、定年退職直後に健康診断でがんを宣告される。マニュアルに基づいた80歳までの人生計画に狂いが生じた二郎は、やがて3人の息子たちと向き合い始める。

 豊橋の印象を問われた内田監督は「ロケでいろんな場所に行くんですけど、豊橋の方って別格で人がいいなと。基本的には撮影って忌み嫌われてしまうものなので、(受け入れて下さって)感動しました」と語り、他作品の撮影でも「豊橋がいい」とリクエストしたことを明かす。豊橋での映画の撮影は初だったと語る平田も「内田監督のおかげもあったと思いますけど、とても気持ち良くできた」と笑みを浮かべた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仕事で結果が出やすい日。今の作業に一区切りつけて、これから...もっと見る >