2019/03/09 15:00

キャストが成長しファンと歩んだ「コード・ブルー」の10年 山下智久&浅利陽介&新田真剣佑の裏話も

登壇した馬場ふみか、山谷花純、西浦正記監督
登壇した馬場ふみか、山谷花純、西浦正記監督

 [映画.com ニュース] 山下智久主演の人気テレビドラマシリーズを映画化した「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」が3月9日、愛知県で開催中の「ええじゃないか とよはし映画祭2019」で上映された。出演した馬場ふみか、山谷花純、メガホンをとった西浦正記監督が、穂の国とよはし芸術劇場PLATでのトークイベントに参加した。

 2008年に放送が始まったドラマを、シリーズ10周年の節目に初めて映画化。17年のドラマ第3期で描かれた地下鉄トンネル崩落事故から3カ月後を舞台に、救命救急センターで職務を全うする藍沢耕作(山下)と仲間たちが、成田空港と海ほたるで立て続けに発生した大事故に立ち向かう。

 撮影秘話を問われ、馬場は「(昨日映画祭で上映された)『クソ野郎と美しき世界』でも豊橋の街を走ったんですけど、『コード・ブルー』でも走りまくりました。日々足がきたえられてますね。でも、私の走り方ちょっとおかしいかも」としょんぼり。西浦監督は「そんなことないよ!」と慌ててフォローしながら、「ナースは医者の後ろで荷物を持っているので、1番大変なんですよ。でも『(医者に)遅れるな』ってオーダーする厳しい監督がいるんですよ(笑)」とニヤリ。馬場は「山下さんや浅利(陽介)さんが、めちゃくちゃ走るのが早いので大変だった」と、撮影時の苦労をにじませた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

エネルギッシュに行動するけど、無理をしすぎる傾向も。何事も...もっと見る >