2019/03/09 17:55

「青の帰り道」清水くるみ 母親役・工藤夕貴との共演が大きな刺激に

 [映画.com ニュース] 真野恵里菜、横浜流星が共演した青春群像劇「青の帰り道」が3月9日、愛知県で開催中の「ええじゃないか とよはし映画祭2019」で上映された。同県の大府市出身の女優・清水くるみをはじめ、メガホンをとった藤井道人監督、伊藤主税プロデューサーが、穂の国とよはし芸術劇場PLATでのトークイベントに参加した。

 群馬県前橋市と東京を舞台に、高校卒業を控えた7人の若者たちの物語を紡ぐ。卒業後、それぞれの道へと歩き出した7人。やがて3年の月日が経ち、夢に挫折する者、希望を見失う者、予期せぬことに苦しむ者、それぞれの人生模様が繰り広げられる。

 2016年8月に出演者・高畑裕太の逮捕を受け撮影中止となり、17年夏に再撮影するなど紆余曲折を経た本作。家族とうまくいかず、高校卒業後に実家を出るキリを演じた清水は「完成まで2年かかったけど、その間に皆で親交を深められて良かったと思います。(キャストの)空気感は必ず画面に出るので。皆とは本当に同級生みたいになって、お互いのことを信頼できる関係になりました」と、若手俳優陣6人との深いきずなをにじませる。さらに母親役を務めた女優・工藤夕貴について、清水は「自由に、感情がどんどん変わっていく役者さんを間近で見たのが初めてで。『頑張らなきゃ、持っていかれる!』と思いましたね」と、大きな刺激を受けたことを明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

エネルギッシュに行動するけど、無理をしすぎる傾向も。何事も...もっと見る >