2019/03/09 20:30

雪の中で繰り広げられる復讐劇「ミスミソウ」 主演・山田杏奈は「寒すぎて目が死んでた」!?

作品の雰囲気と合わせ赤い ワンピース姿で登場した山田杏奈
作品の雰囲気と合わせ赤い ワンピース姿で登場した山田杏奈

 [映画.com ニュース] “最強のトラウマ漫画”と謳われる、押切蓮介氏の人気サスペンスコミックを映画化した「ミスミソウ」が3月9日、愛知県で開催中の「ええじゃないか とよはし映画祭2019」で上映された。本作で映画初主演を果たした山田杏奈、メガホンをとった内藤瑛亮監督(「ライチ☆光クラブ」)が、穂の国とよはし芸術劇場PLATでのトークイベントに参加した。

 東京から田舎の中学校に転校してきた野咲春花(山田)は、学校で「部外者」扱いされ、陰惨ないじめを受ける。嫌がらせはエスカレートするばかりで、ついに春花の両親が焼き殺される事件が発生。家族を奪われた春花は、いじめグループへの復讐を開始する。

 劇中では、雪の中での撮影シーンが鮮烈な印象を残している。内藤監督は「クランクインまでの準備期間がすごく短くて、雪が解けかけていたので、どうにか雪が残っている長野や新潟で撮影しました」といい、同映画祭プロデューサーの森谷雄氏は「雪を追いかけたわけですね」とうなずく。本作が“推し映画”だというMCが「真っ白な雪景色に赤い血、(春香の)赤いコートがすごい映えてましたね」と絶賛し、「今日も着てくださっていますね!」と、赤いワンピース姿で登場した山田に目を留めた。衣装にも内藤監督の強いこだわりがあったようで、「『白と赤のコントラストでいこう』ってことで衣装部に話して。春香の服は、最初の登場シーンだと全体的に紺で、赤の差し色が入っています。徐々に彼女が罪を犯すにつれて赤が広がっていって、最終的には全身が赤になる。逆に彼女と対峙する人は真っ白な服で、それが(血で)赤に染まっていきます」と解説を加えた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱいで過ごせるラッキーデー。積極的にいこう。今日始...もっと見る >