2019/03/10 14:30

杉田成道「北の国から'95 秘密」秘話を告白 宮沢りえ起用の真相も

 [映画.com ニュース] 倉本聰氏が原作・脚本を手がけた国民的人気ドラマシリーズのスペシャル版で、1995年6月に放送された「北の国から'95 秘密」が3月10日、愛知・豊橋で開催中の「ええじゃないか とよはし映画祭2019」で特別上映された。同作の演出を手がけた杉田成道が、同映画祭を運営する映画プロデューサーで監督の森谷雄、「踊る大捜査線」シリーズや「幕が上がる」で知られる本広克行、同映画祭のアンバサダーを務める女優の松井玲奈が、穂の国とよはし芸術劇場PLATでの舞台挨拶に登壇した。

 「北の国から」は81年10月~82年3月、フジテレビ系の連続ドラマとして放送後、ドラマスペシャルとしてシリーズ化され、83年~2002年に8本が制作・放送された。北海道・富良野を舞台に、雄大な自然のなかで田中邦衛が演じる主人公の黒板五郎と長男・純、長女・蛍の成長を21年間にわたって描いた。94年6月9日に放送され、視聴率30.8%を記録した「北の国から'95 秘密」は、富良野でごみ収集の仕事をする純と札幌で暮らす初恋の相手・れい(横山めぐみ)の遠距離恋愛と別離、シュウ(宮沢りえ)との出会い、札幌で看護婦(現看護師)として働いていた蛍(中嶋朋子)と妻子ある男の不倫による駆け落ちなどに焦点が当てられている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >