2019/03/10 15:00

松井玲奈、次回作は「かわいさにぶっ飛んだ」山田杏奈との姉妹物語を熱望!

「誰か私を拾って!」という気迫で オーディションに臨んだ松井玲奈
「誰か私を拾って!」という気迫で オーディションに臨んだ松井玲奈

 [映画.com ニュース] 1980年代後半~90年代生まれの新進映画監督15人が結集したオムニバス映画「21世紀の女の子」が3月10日、愛知県で開催中の「ええじゃないか とよはし映画祭2019」で上映された。企画・プロデュースを務め、「離ればなれの花々へ」のメガホンをとった山戸結希監督、「reborn」に主演した松井玲奈が、穂の国とよはし芸術劇場PLATでのトークイベントに参加。当初は登壇予定だった「reborn」の坂本ユカリ監督は、撮影のため来場が叶わなかった。

 “自分自身のセクシャリティあるいはジェンダーがゆらいだ瞬間が映っていること”を共通のテーマに、各監督が8分以内の短編でそれぞれの物語を紡いだ。各短編の主演には、松井をはじめ、橋本愛、朝倉あき、石橋静河、唐田えりか、黒川芽以ら実力派女優が顔をそろえた。短編の始まりに挿入される動物のイラストは、山戸監督がそれぞれの監督のイメージに合ったものをチョイス。「projection」(主演・伊藤沙莉)の金子由里奈監督には「子どもライオン」のイラストを当てはめ、山戸監督は「200人から公募で選ばれた百獣の王だから。今日初めて動物について指摘して頂いて、『誰にも伝わってないこだわりなんじゃないか』と思ってたので、嬉しい」と笑顔を浮かべた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >