2019/03/10 22:10

とよはし映画祭クロージング作品「人魚の眠る家」 堤幸彦監督、製作の原点となった“出会い”を語る

「堤幸彦監督の寵愛を受けている」と 語る山口紗弥加も登壇
「堤幸彦監督の寵愛を受けている」と 語る山口紗弥加も登壇

 [映画.com ニュース] 東野圭吾氏のベストセラー小説を映画化した「人魚の眠る家」が3月10日、愛知県で開催中の「ええじゃないか とよはし映画祭2019」でクロージング作品として上映された。メガホンをとった堤幸彦監督と出演した山口紗弥加が、穂の国とよはし芸術劇場PLATでのトークイベントに参加した。

 篠原涼子と西島秀俊が夫婦役で共演を果たした本作。まもなく離婚を迎える仮面夫婦の薫子(篠原)と和昌(西島)のもとに、娘の瑞穂(稲垣来泉)がプールで溺れ、意識不明になったという知らせが届く。医師からは脳死を宣告され、回復の見込みがないなか、夫婦は「脳死を受け入れ臓器を提供するか、心臓死を待つか」という究極の選択を迫られる。

 本映画祭には2年ぶりに登場し、「真田十勇士」に続き2回目のクロージングを飾った堤監督。堤監督作品に数多く出演し、自ら「寵愛を受けております」と冗談めかして語る山口は、「堤さんは無謀なオーダーが多いんですよ、すごくムチャぶりされる。でも堤さんってやっぱり巨匠だから、そういうオーダーにも応えないと……」と告白すると、堤監督は「絶対思ってないでしょ!」とすかさず突っ込む。さらに「山口さんは、つかこうへいさんの舞台でものすごい迫力を見せていて……さすが福岡(出身)の人だなと。福岡の人が持つ潜在的なトップ力がある」と絶賛し、息の合ったやりとりを見せた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忙しく走りまわるわりには、実りが少ないかも。余計なことには...もっと見る >