2019/03/10 22:10

とよはし映画祭クロージング作品「人魚の眠る家」 堤幸彦監督、製作の原点となった“出会い”を語る

 人の死をめぐる難題に挑んだ本作。堤監督は「実際に脳症の子どもに会わせて頂いて、医療機器のセッティングや身の回りの世話など、お母さんの日々のご苦労を聞きました。篠原さんと(出演している)松坂慶子さんにも実際に経験して頂いて」と取材を振り返る。そして、「お母さんが『子どもの手を握って下さい』とおっしゃって、握ってみたら力強い鼓動や呼吸の力を感じて、体温も高くて。お母さんがお子さんを『より愛そう』と決意したことの意味がよく分かりました。それが、僕が作品に携わった原点」と熱弁した。

 薫子の妹・美晴を演じた山口は「堤監督には『薫子とは対照的な役柄でいてほしい』と言われて。美晴自身も自分の娘のようにかわいがっていた子どもが、(悲劇に見舞われた)状態を受け入れられなくて、目にするのが怖くて、姉とも距離をとるようになってしまったのではないかと。でも、姉を元気づけてあげよう、日常を取り戻させてあげたいという気持ちがあったと思う」と分析。堤監督は「ラストシーンの山口さんの名ゼリフが……」と言いかけ、「あ、カットしちゃったんだった! 興味のある方はDVDで!」と宣伝し、山口に「どういう商法なんですか?」と厳しく指摘されていた。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

部屋の模様替えをしたり、インテリア雑貨を購入して、生活空間...もっと見る >