2019/03/10 22:40

名古屋の映画館「シネマスコーレ」が“ゆうばり”をジャック! 白石和彌らが自作の秘話明かす

登壇した白石和彌ら
登壇した白石和彌ら

 [映画.com ニュース] 愛知・名古屋の映画館「シネマスコーレ」にフォーカスを当てた特集上映「奇抜な映画館 シネマスコーレの日」が3月10日、北海道・夕張市で行われている「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019」で開催された。

 お披露目されたのは、名古屋テレビ放送制作のドキュメンタリーを映画化した「劇場版シネマ狂想曲 名古屋映画館革命」(樋口智彦監督)、NHK文化センターの人気講座“みんなで映画をつくろう講座”の受講生が作品作りに挑んだ「中川運河サンダーボルト」(北岡真紀子監督)、白石和彌監督が名古屋での子ども時代の出来事から着想を得た「マンドリンの女」、白石晃士監督による短編バイオレンスラブコメディ「恋のクレイジーロード」。「シネマスコーレ」支配人・木全純治氏が司会を務め、各作品の上映後にはトークが行われた。

 白石和彌監督が新作「麻雀放浪記2020」の準備中、名古屋で撮影した「マンドリンの女」は、木全氏が企画・プロデュースを務めた「Filmusic in 中川運河・秋」の1本として製作されたもの。本作の着想について「札幌で借金を抱えた親が夜逃げをしまして、2年間名古屋にいたことがあるんですよ。だから半分自伝なんです」と白石和彌監督。撮影期間はわずか2日間。「前日深夜バスで東京から名古屋に行って、朝6時30分に着き、7時から撮影をしているんです。しかも台風ド直撃(笑)」と当時を振り返る。モノクロ映像で紡がれる本作には“赤”のパートカラーが印象的に使用されているが、当初の予定とは異なっていたようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >