2019/03/10 22:40

「とよはし映画祭2019」閉幕! コンペ初代グランプリは西川達郎監督「向こうの家」

「ええじゃないか!」と閉幕宣言
「ええじゃないか!」と閉幕宣言

 [映画.com ニュース] 「ええじゃないか とよはし映画祭2019」のクロージングセレモニーが3月10日、愛知・豊橋の穂の国とよはし芸術劇場PLATで行われた。アンバサダーの松井玲奈をはじめ、オープニング作品「家族マニュアル」の内田英治監督、クロージング作品「人魚の眠る家」の堤幸彦監督と山口紗弥加、コンペティション部門の杉田成道審査委員長、本映画祭プロデューサーの森谷雄らが登壇。3年目となる今年から新設されたコンペティション部門では、西川達郎監督の「向こうの家」が初代グランプリに輝いた。

 161の応募から9作品が選ばれ、期間中に上映されたコンペティション部門。グランプリを獲得した「向こうの家」は、父親の不倫を清算するため、自分の家族と不倫相手の家族という2つの家庭を行き来する息子の姿を描いた。西川監督は「お越しいただいた皆様、映画祭関係者の皆様、本当にありがとうございます」と感謝を伝え、「本作はありがたいことに、いろんな映画祭で上映して頂いているんですけど、ずっとグランプリがとれないまま悔しい思いをし続けていまして。今回こういう結果になってとても嬉しいです。昨日、森谷さんから『映画祭は出会いと再会の場所』とうかがいまして、本当におっしゃる通りだなと。この賞を励みとして、また(別の)作品で映画祭に戻ってきて、皆さんと再会できるように頑張りたいと思います」と力強い決意をにじませた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >