2019/03/10 23:00

ゆうばり国際映画祭2019グランプリ・森田和樹監督、病を乗り越えて踏み出した“未来への1歩”

2020年は夏に開催予定
2020年は夏に開催予定

 [映画.com ニュース] 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019」グランプリ&シネガーアワード(批評家賞)の2冠に輝いた「されど青春の端くれ」の森田和樹監督が3月10日、報道陣の取材に応じた。鳥取出身、30歳の森田監督が、自らを見舞った“苦難”のエピソードを交えながら、受賞の喜びを語った。

 2016年に映画学校「ニューシネマワークショップ(NCW)」を卒業。実習作品「春を殺して」が全国多数の映画祭に入選&受賞を果たし、「戯言」「メーキング」といった作品を製作。現在は東京で暮らしており「2年前に病気になりまして、入院中に映画製作をやめようかなと思ったんです」と挫折を経験。「その後も治療が続き、自宅で療養している時、ずっと天井ばかりを見ていたんです。でも『このままじゃ駄目だ』という気持ちが芽生え、本作を作りました」と打ち明けた。撮影は昨年の1、2月――製作期間は12時間だ。

 仲良し男子高校生3人組の日々を描いた本作は「病に倒れた経験とは全然関係なく、むしろ楽しい思い出の方が詰まっています。構想は治療中に思いつきました」と説明。コンペ部門審査委員長の白石和彌監督は、初の長編となった森田監督の意欲作について「何かを爆発させたいという思いが一番ストレートに出ていた」と評価するものの「どちらかというとマイナス面の方が大きかった。音も聞こえにくい。懸念したのは男性ウケはするものの、女性への共感が得られにくい点。ただ(審査員の)長谷直美さんも評価されていたので、それは決め手になりました。衝動が一番見えた――それがこの映画の強さかな」と語っていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱいで過ごせるラッキーデー。積極的にいこう。今日始...もっと見る >