2019/03/11 21:30

「ヴェノム」脚本家、YAファンタジー小説「Ferryman」映画化で長編初監督

ケリー・マーセルが長編初監督 (C)&TM 2018 MARVEL
ケリー・マーセルが長編初監督 (C)&TM 2018 MARVEL

 [映画.com ニュース] 大ヒットマーベル映画「ヴェノム」や「ウォルト・ディズニーの約束」「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」を手がけた脚本家ケリー・マーセルが、スコットランド出身の作家クレア・マクフォールの小説「Ferryman」を映画化する新作で、長編監督デビューを飾ることがわかった。米レジェンダリー・エンタテインメントが原作の映画化権を獲得しており、マーセルが自ら脚本を執筆する。

 米Deadlineによれば、2013年にイギリスで出版されたマクフォールのデビュー小説「Ferryman」は、ギリシャ神話に出てくる冥府の河の渡し守「カロン」を、現代に登場させたようなYAファンタジーだという。スコットランドの荒野を走る列車が事故を起こし、ひとりだけ生き残った少女ディランは、亡霊たちがさまよう土地で彼女を待っていたトリスタンという不思議な少年と出会う。現世からあの世へ橋渡しをする役目を担ったトリスタンだが、旅をする過程で2人は恋に落ちるという物語のようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >