2019/03/12 19:00

父親はあのオスカー俳優!「ブラック・クランズマン」主役のインタビュー映像公開

(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.
(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

 [映画.com ニュース] 第91回アカデミー賞で脚色賞を受賞した「ブラック・クランズマン」から、主演を務めたジョン・デビッド・ワシントンのインタビュー映像が公開された。「トレーニング デイ」などで知られるオスカー俳優デンゼル・ワシントンを父に持つ彼が、本作のストーリーやメガホンをとったスパイク・リー監督について語っている。

 本作は、1979年に黒人刑事が過激な白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)に潜入捜査した実話をつづったノンフィクション小説を、「マルコムX」「ドゥ・ザ・ライト・シング」のリー監督が映画化。ワシントンがKKKと電話でやり取りする黒人刑事ロン・ストールワース、アダム・ドライバーがKKKと実際に接触する白人刑事フリップ・ジマーマンを演じている。

 7歳の頃、父が主演した「マルコムX」に自身も出演して以来、リー監督とは家族ぐるみで交流があるというワシントン。そんなリー監督との現場は「新しいおもちゃをもらったみたいに楽しかった」と振り返り、「スパイク(・リー)は僕を信頼してくれたから、僕も彼のやり方を信頼できた」と長年の信頼関係が作品に相乗効果をもたらしたという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

部屋の模様替えをしたり、インテリア雑貨を購入して、生活空間...もっと見る >