2019/03/12 20:25

斎藤工「片思いしてきた映画が少し振り向いた」 “移動映画館”への熱い思い告白

登壇した斎藤工
登壇した斎藤工

 [映画.com ニュース] 第60期日本映画ペンクラブ賞の授賞式が3月12日、東京・中央区のコートヤード・マリオット銀座東武ホテルで行われ、同賞受賞の国立映画アーカイブ館長・岡島尚志氏をはじめ、俳優・映画監督の斎藤工(齊藤工名義で特別奨励賞)、字幕翻訳・プロデューサーのショーレ・ゴルパリアン氏(特別功労賞)らが出席した。

 日本映画ペンクラブは評論家、翻訳家、監督など映画関係者で構成される任意団体で、同賞は映画界へ多大な貢献をした団体および個人に贈呈される。映画監督時に使用する本名で受賞した斎藤は、映画館のない地域に出向く移動映画館「cinema bird」の活動が評価。花束を受け取り、「普段は不貞のドラマやバイト探しばかりやっていますが、ただの映画少年です」と会場を笑わせた。

 自身のライフワークと位置づける移動映画館を始めたきっかけは、「大それた理由ではなく、自分が何かあったら映画館に駆け込み、追体験や疑似体験など、自分の体験にしていく環境にいた。しかし日本でも、そういう環境にない子どもたちがいると気づき、そこの地域の子どもだったらと思って発案したんです」。海外での活動も経験したが「マダガスカルやパラグアイなど、映画文化のない地域で、生まれて初めて子どもたちが映画を体験する瞬間にも立ち会ってきました。映画という娯楽が、後進国や途上国には当たり前にはなくて、先進国の娯楽なのだと知った。映画は誰のものか。子どもたちが映画によって疑似体験をし、未来の選択肢を増やしていけるのだと、強く感じました」と述べた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ゆったり気分でノンビリ過ごせそう。仕事はさっさと切り上げて...もっと見る >