2019/03/13 13:00

「まく子」原作者・西加奈子、新鋭・鶴岡慧子監督に託した“世界”を広げる願いとは

取材に応じた鶴岡慧子監督(左)と西加奈子氏
取材に応じた鶴岡慧子監督(左)と西加奈子氏

 [映画.com ニュース]直木賞作家・西加奈子氏の小説を映画化した「まく子」を見た者に訪れるのは、“世界の広がり”を感じる瞬間だ。第152回直木賞(「サラバ!」)受賞後に発表された愛おしき物語を受けとったのは、初長編映画「くじらのまち」が第63回ベルリン国際映画祭などで高い評価を得た鶴岡慧子監督。原作モノ初挑戦にして、相対するのは何にも似ていない物語――新たに描き直そうとする「まく子」の世界の幅を広げ、そのプレッシャーを和らげたのは、自らの過去を踏まえた西氏の“ある願い”だった。(写真/間庭裕基)

 小さな温泉街に住む少年・サトシが、転入生の不思議な少女コズエとの出会いを通して成長していく姿を描いた小説「まく子」。児童向けの出版物を扱う福音館書店と組み、直木賞受賞前から執筆を始めていた西氏だが、子どもに対する固定観念を拭えず、「全然面白くなくなった」と一時作業を中断していた。改めて物語と向き合ったのは「サラバ!」執筆後のこと。「素直に、正直に書く」ことを念頭にすると、筆はみるみる進んでいったようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >