2019/03/14 07:00

余命半年の元生徒と教師の再会 堤真一×柳楽優弥「泣くな赤鬼」予告&ポスター

 [映画.com ニュース] ベストセラー作家・重松清氏の短編小説を、堤真一、柳楽優弥、川栄李奈らの共演で映画化する「泣くな赤鬼」の予告編とポスタービジュアルが、このほど完成した。「先生さ」「うん」「生徒の葬式とか出たことあるの?」というボイスオーバーから始まる予告は、余命半年の元生徒と、厳しさでしか向き合うことができなかった教師の物語を映し出す。

 「ビタミンF」「とんび」「その日のまえに」「流星ワゴン」などで知られる重松氏の短編を、「キセキ あの日のソビト」の兼重淳監督のメガホンで映画化。重松氏が「いままで書いてきた『教師と生徒』のお話の中で、特に愛着のある作品」と語るほど思い入れが深い、感動の物語を紡ぐ。

 城南工業野球部監督・小渕隆(堤)は、陽に焼けた赤い顔と、鬼のような熱血指導から“赤鬼先生”と呼ばれていた。甲子園出場の一歩手前で散ってから、早10年。今では野球への情熱は衰え、定年間際の疲れた中年になっていた。ある日、かつての教え子・斎藤智之(愛称ゴルゴ/柳楽)と偶然、病院で再会する。野球の素質はあるものの、堪え性のない性格ゆえに高校を中退したゴルゴだったが、現在は立派な大人に成長し、妻・雪乃(川栄)と幸福な家庭を築いていた。しかし赤鬼先生は、その彼が「末期がんで余命半年」であることを知らされる。あの時、かけてやれなかった言葉。厳しくすることでしか、教え子に向き合えなかったあの日の後悔。赤鬼先生はゴルゴのため、かつて挑むはずだった“甲子園出場”を賭けた、決勝戦の再現試合を企画する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仕事で結果が出やすい日。今の作業に一区切りつけて、これから...もっと見る >