2019/03/14 22:20

ティム・バートン監督&コリン・ファレル、日本のファンに「ダンボ」をお披露目

コリン・ファレルは14年ぶりの来日
コリン・ファレルは14年ぶりの来日

 [映画.com ニュース] ディズニー映画「ダンボ」のジャパンプレミアが3月14日、都内で行われ、メガホンをとったティム・バートン監督、出演者のコリン・ファレルが出席した。バートン監督のプロモーション来日は2年1カ月ぶり。サーカス団の元看板スターで、ダンボの命運を握るホルトを演じるファレルは、実に14年ぶりの来日を果たした。

 1941年に製作されたディズニー・アニメの古典的名作「ダンボ」を、「チャーリーとチョコレート工場」「アリス・イン・ワンダーランド」のバートン監督が映画化。大きな耳を使って空を飛ぶ子象のダンボが、サーカス団の仲間の力を借りて、引き離された母象の救出に挑む姿が、イマジネーションあふれる映像で描かれる。エバ・グリーン、マイケル・キートン、ダニー・デビートらバートン作品の常連が顔を揃える。

 親日家として知られるバートン監督は、「来日するたびに、皆さんから元気とエネルギーをもらっている。日本はアーティストの国だからね」と熱狂的な歓迎に感謝の意。ディズニー・アニメのなかでも「ダンボ」に強い思い入れがあるといい、「空を飛ぶゾウという存在そのものが、多くのことを語りかけてくれる。混沌とする時代だからこそ、ダンボを通して、シンプルで純粋な感情を思い出してほしいんだ」とアピールした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >