2019/03/15 19:33

永野芽郁、北村匠海からの感謝の手紙に涙腺崩壊「この光景、ずっと忘れない」

北村匠海のハンカチで涙を拭う永野芽郁
北村匠海のハンカチで涙を拭う永野芽郁

 [映画.com ニュース]第23回電撃小説大賞(KADOKAWA)で大賞に輝いた佐野徹夜氏のデビュー作を映画化した「君は月夜に光り輝く」が3月15日、全国299スクリーンで公開初日を迎え、ダブル主演の永野芽郁と北村匠海をはじめ共演の甲斐翔真、メガホンをとった月川翔監督が東京・TOHOシネマズ日比谷での舞台挨拶に出席した。

 不治の病“発光病”により余命わずかの高校生・まみず(永野)が、願いを代わりに実行してもらう“代行体験”を同級生の卓也(北村)に依頼し、交流していく姿を描いた感動作。永野は「自分が出ているのに、こんなにも心が温かくなったり、泣けたり。そんな作品が、いつか皆さんのもとに届くんだと思っていたら、そんな日が突然来た感覚があります」と実感がない様子だが、「この映画を見終わったあと、悲しい気持ちになっていないと思うんです。撮っているときも、初めて見たときも、私は悲しいよりも嬉しいのほうが強くて。スタッフさんみんなが『命が輝く映画を撮るんだ』と。幸せな温かい涙があふれる映画が作れたと思っています」と明かす。「また10年後に、みんなで一緒に映画を作れるように……」と願いを込めると、北村は「アクション映画でも作りましょうか」と優しくほほ笑みを投げかけていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

オイシイ物を食べたり、いい音楽を聴いたり、五感が満足するプ...もっと見る >