2019/03/15 20:30

「ダンボ」言葉を話さない象に感情移入するワケは?西島秀俊も思わず「なんとかしなきゃ」

ティム・バートン監督への思いも明かした (C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved
ティム・バートン監督への思いも明かした (C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved

 [映画.com ニュース]ディズニーの名作アニメーションを実写化した「ダンボ」が、3月29日から公開される。日本語吹き替え版でダンボの命運を握るキーマン、ホルト(コリン・ファレル)を演じたのは、人気俳優の西島秀俊。言葉を話さないダンボの表情での感情表現に、思わず応援したくなったというエピソードを語った。

 大きな耳を使って空を飛ぶ子象のダンボが、サーカス団の仲間の力を借りて、引き離された母象の救出に挑む姿が、イマジネーションあふれる映像で描かれる。

 サーカス団の元看板スター、ホルトの日本語吹き替え版声優を務めた西島は「当たり前ですが、ダンボは言葉を話さないんですよ。人間の言葉を理解して行動するのですが、言葉は話さない。象さんなので、眉毛があるわけでもないのですが、ダンボの表情がすごく豊かで、悲しそうな表情をするとかわいそうになるし、楽しそうにすると僕も楽しくなる。見ていると、とにかくダンボに感情移入して“ダンボをなんとかしなきゃ”って気持ちにさせられます」と振り返る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ゆったり気分でノンビリ過ごせそう。仕事はさっさと切り上げて...もっと見る >