2019/03/15 23:00

「ガンバレルーヤ」よしこ 速水もこみち&大野拓朗と夢の“あごクイ”実演!

“あごクイ”実演中のよしこ&大野拓朗
“あごクイ”実演中のよしこ&大野拓朗

 [映画.com ニュース] 2016年ノベル大賞に輝いた、ゆきた志旗氏のシリーズ小説を映画化した「Bの戦場」が3月15日、全国38館で封切られた。お笑いコンビ「ガンバレルーヤ」のよしことまひる、速水もこみち、大野拓朗、おのののか、メガホンをとった並木道子監督は、ユナイテッド・シネマ豊洲での舞台挨拶に登壇した。

 物語の主人公は、自分を“絶世のブス”だと思い悩み、一方で人の幸せを願ってやまないウエディングプランナー・香澄(よしこ)。ある日、“意識高い系のブス専”であるイケメン上司・久世(速水)からプロポーズされる。さらに、フラワーコーディネーター・武内(大野)からも好意を寄せられ、香澄はまさかの三角関係を前に、運命の相手を見つけようと奮闘する。

 冒頭でMCから「女優向いてますよ」とほめられたよしこは、「よく言われます」とドヤ顔で返し、「イケメンに囲まれて、一生懸命恋をしました。次は朝ドラ(NHK朝の連続ドラマ小説)のヒロインをやりたい」と意欲を燃やしている様子。相手役を務めた速水は「これはピュアなラブストーリーだと思っています。2人で一緒に作り上げていきました。ラブシーンもあって、“あごクイ”と“壁ドン”をやりましたね。でも、(よしこの)顔の素敵な油で滑っちゃって」と暴露した。よしこは慌てて「今日は大丈夫だと思うので、ここでリベンジさせてもらってもいいですか?」と、速水と大野に“あごクイ”の実演をおねだり。今日も指先が滑ってしまった速水と、あごを強く掴んだ大野を、よしこは「クソが!」とお決まりのフレーズで罵倒し、会場の笑いを誘った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

カルチャー運UP。教養が身につく講座に行くと充実感あり。人生...もっと見る >