2019/03/18 15:35

内田裕也さん、魂の“ロックンローラー” 79歳で人生を全う

79歳で死去した内田裕也さん
79歳で死去した内田裕也さん

 [映画.com ニュース] ロック歌手の内田裕也さんが3月17日午前5時33分、肺炎のため都内の病院で亡くなった。79歳だった。社会や芸能界の“壁”に挑んだ魂のロックンローラーが、人生を全うした。

 1939年11月17日生まれ。1959年に日劇ウエスタンカーニバルでデビューした後、“ロックンロール”を口癖に他方面で活躍した。60~70年代には映画界にも進出。俳優として大島渚監督作「戦場のメリークリスマス」やリドリー・スコット監督作「ブラック・レイン」などで存在感を見せ、「魚からダイオキシン!!」「エロティックな関係」では脚本・企画・出演も兼ねた。

 91年には東京都知事選に出馬するなど、その“生き様”が常に世間の話題をさらってきた内田さん。晩年はケガや病気により体力が低下し、ライフワークだった毎年恒例の「ニューイヤーズワールドロックフェスティバル」にも車イスで登場していた。

 昨年9月15日に最愛の妻・樹木希林さんが死去し、それでも同10月9日、都内で行われた映画「アンクル・ドリュー」ジャパンプレミアイベントに登壇。声を出すのもやっとという状態だったが、「家族に不幸もありまして、まだ日も経っていないので、ちょっと元気がないように思えますが、こういうときにこそ、映画のプロモーションに必ず出ますと約束した。ちゃんと出演するのが“ロックンロール魂”と思ってやって来ました」「この映画が面白いかどうかは、俺が保証します」と“裕也節”をかますなど、観客を大いに沸かせた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >