2019/03/19 16:00

ヌーベルバーグの継承者、フィリップ・ガレル中期代表2作の予告編公開

「救いの接吻」「ギターはもう聞こえない」ビジュアル
「救いの接吻」「ギターはもう聞こえない」ビジュアル

 [映画.com ニュース]ヌーベルバーグ以降のフランスを代表する映画監督フィリップ・ガレル中期の代表作2作品の予告編とビジュアルが公開された。

 映画監督とその妻の女優が、愛の終わりとその持続について苦悩し語り合う、日本初公開の「救いの接吻」(89)とフィリップ・ガレルが元恋人ニコの急逝直後に製作した、私的なラブストーリー「ギターはもう聞こえない」(91)の2作。

 予告編は、モノクロ作品「救いの接吻」で映画監督のマチューとその妻ジャンヌ、そして息子のローが海辺を歩く姿を捉えた長廻しの1カットで始まる。マチューはフィリップ・ガレル本人、そして妻ジャンヌはガレルの公私共にパートナーであるブリジット・シィ、そして、息子のローは、現在でも俳優として活動する2人の実子ルイ・ガレルが演じている。続く「ギターはもう聞こえな」は、海辺の町で共同生活を送るジェラールとマリアンヌ、マルタンとローラの2組のカップルを巡る物語。ヨハンナ・テア・ステーゲ演じるマリアンヌ、ミレーユ・ペリエ演じるローラが語り合う美しいシーンが切り取られている。

 「救いの接吻」「ギターはもう聞こえない」は、4月27日から東京都写真美術館ホールほか全国順次公開。また公開期間中は、ガレル監督の「孤高」「自由、夜」の35ミリフィルム特別上映も決定した。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仕事で結果が出やすい日。今の作業に一区切りつけて、これから...もっと見る >