2019/03/19 19:00

樹木希林さん“女優人生最後の出演作”となった独映画が8月公開 「茅ヶ崎館」の女将役に

 [映画.com ニュース]2018年9月に亡くなった樹木希林さんの世界デビュー作であり、女優としての最後の出演作となったドイツ映画「Cherry Blossoms and Demons(英題)」が、8月から日本公開されることが決定した。「フクシマ・モナムール」のドーリス・デリエ監督がメガホンをとり、主演を務めるのは、ドイツ人俳優ゴロ・オイラーと日本人ダンサーの入月絢。樹木さんは、神奈川県茅ケ崎市に実在する「茅ヶ崎館」の女将役として出演を果たした。

 本作は、酒に溺れ人生を見失ったドイツ人男性カール(オイラー)と、かつて彼の父と親交があった日本人女性ユウ(入月)が、人生を取り戻すために旅をする物語。18年4月にドイツでクランクインし、日本での撮影が行われたのは、同年の7月6~16日。カールとユウが訪れる「茅ヶ崎館」は、50年代に小津安二郎監督が滞在し脚本を書いた宿だ。近年では是枝裕和監督も脚本執筆のために訪れている場所だと知ったデリエ監督は、「フクシマ・モナムール」のジャパンプレミア上映後に「茅ヶ崎館」に宿泊。高齢の女将に、かつて小津監督が滞在した部屋を案内してもらった際に、本作のインスピレーションを得たようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >