2019/03/20 21:00

予想外の経歴! 片山慎三監督作「岬の兄妹」を生き抜いた松浦祐也&和田光沙とは何者か

公式Tシャツを忘れたため、自身のタンクトップにイラストを描いた松浦
公式Tシャツを忘れたため、自身のタンクトップにイラストを描いた松浦

 [映画.com ニュース]“映画を語る”をテーマとしたWEB番組「活弁シネマ倶楽部」の収録が3月15日、東京・浅草九スタで行われ、「岬の兄妹」(公開中)のメガホンをとった片山慎三監督、キャストの松浦祐也と和田光沙が出演。映画評論家の森直人氏がMCを務めたトークを、映画.comが取材した。

 足に障がいを持つ兄・良夫(松浦)と自閉症の妹・真理子(和田)が、貧困から脱するため、売春で生計を立てようとするさまを描く。センセーショナルな内容もさることながら、本作の確固たる力となっているのは、松浦と和田の存在だ。終始大盛り上がりだったトークでは、パイロット版を経て現在の作品が生まれるまでの経緯や製作費、映画の神様がほほ笑みかけた瞬間、劇中屈指の名シーン“ウンコバトル”の秘話に言及するだけでなく、2人の意外な過去が明らかになる場面があった。

 高校卒業後、職人の道を歩み、圏央道や大江戸線・六本木駅のトンネル工事に参加していた松浦。転機となったのは、当時交際していた女性との“映画体験”だ。「劇場に行ったら目当ての映画がやっていなくて、その時アテネフランセで見たのが小川紳介監督の特集上映。『三里塚 辺田部落』を見たんですが、すげぇ作品があるなと思って。『ぼくらの七日間戦争』『ロボコップ(1987)』『バック・トゥ・ザ・フューチャー』しか見ていなかったのに、それをいきなりぶち込んじゃった(笑)」と心機一転映画業界へ。「それからシナリオをずっと書いていたんですけど、ある低予算Vシネマのプロデューサーに『現場に出ろ』と言われて、制作部に。見習いから初めて、進行、最後は主任までいった」と明かし、その後、俳優・曽根晴美さんの付き人を経て、俳優デビューを飾っていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >